デリヘル嬢とはいえ女の子だから恋する生き物なのですが風俗嬢達の惚れた男とは一体どんな人だったのでしょうか

デリヘル嬢が惚れた男達の羨ましい生活とその実態

目指せモテメン

デリヘル嬢と付き合える可能性があるのは常連に限る

投稿日:2015年9月2日 更新日:

デリヘル嬢と付き合える可能性があるのは常連に限るデリヘルの遊び方として、色んなお店の『色んな女の子と遊びたい!』という一期一会派の方もいますよね。たまに地雷を踏むことはあっても、色んな女の子と出会えるというメリットもありますが♪

ただデリヘル嬢と付き合いたいという方はいきなり告白しても「ハイハイ」と流されてしまいます。手慣れたもんですよ!(笑

そりゃそうですよ、いきなり初対面で逢った全裸の男に全力で「付き合ってください」と言われましても…デリヘル嬢じゃなくても誰だって困ってしまいますし、真摯に受け止めるにはかなり無理がありますからね。

何度も指名して常連になることから全ては始まると思ってください。
そして女の子に対しても紳士に…ごめんなさい、韻を踏んでみたかっただけなんですw
でも事実です。実はデリヘル嬢を口説くにはジェントルメンであればあるだけ有利になります。

いつもの娘!といえるくらいの常連

デリヘルではこんな常連が有利

デリヘルではこんな常連が有利特に、本当に真剣に女の子との交際を目的として通っているのであれば100分以上のコースに本指名で入ること。ぶっちゃけ月に1度では甘いです。

1週に1回くらいのペースで通えることが望ましいです。それもプレイが目当てなんじゃなくて、口説くために。

もちろんホテルの外では会えません。ホテルの中で話すだけという時間を作ります。

毎日たくさんの仕事をこなす彼女達は心も身体もボロボロに傷ついています。

それを優しく「疲れたでしょ、よく頑張ったね」といって包みこんであげる包容力が必要です。

もちろん始めはデリヘル嬢も相手の手の内が見えないので、心を開いてくれることはまずありません。

むしろ状況次第ではコイツ何考えてるんだろうと警戒されるかもしれません。しかし、苦労したことや大変だったことをずっとひたすら聞いてあげるんです。何度も通ってあげるんです。

すると徐々に心を開いてくれるようになります。

その頃になって初めて「懐にも時間にも余裕があって本気で私のことを好きで通ってくれているんだ」という解釈をしてもらえるのです。

100分のコースを週に1回も続けて入るなんてできないよ…なんていう方は、お引き取り頂いた方が貴方のためでもあると思いますよ。良い女には大金を掛けて頻繫に通う風俗の常連客だっていて当たり前ですからね。

そして何よりもまず、何回か通った段階で彼氏の有無もしっかり確認しておかないと痛い目を見るのはどちらにしても男側なんですがねw

風俗に行って話すだけなんて極論を言うつもりはありません、狙っていた女性が実はシングルマザーだったとか、金目当てで上辺の接客は上手くても素の性格は最悪だったというのを避ける為にも時間はどうしても必要という事です。

デリヘル嬢の心を掴むには彼女の気持ちを理解しろ

デリヘル嬢の心を掴むには彼女の気持ちを理解しろ女性を口説くのに女性の気持ちが理解できなければ、どんなに頻繫なペースで指名をしてお金を使っても全て無駄に終ってしまう可能性が非常に高くなるのは誰が考えても理解しやすいです。

女性の扱いには慣れているという男性であっても、一般の女性と違って風俗嬢として働いている場合は全く違うという認識から始める必要があるのです。

好きでデリヘル嬢として初対面のいろんな男性に接客している訳なんてありません、強引な本番強要をしてきたり、風俗嬢だからと見下している男性客だっていっぱいいるのですから精神的にもかなり苦難な仕事と言えるし、笑顔の接客は仕事だから仕方ないと割り切っている部分も大きいのではないでしょうか。

個人的な事情は様々でも共通しているのはお金が必要だからデリヘル嬢として働いたというのだけは絶対間違いないと思いますよ、そして家族や友達には知られないのを前提に仕事をしているので、一般的にはデリヘルで知り合った男性と個人的な付き合いは避けたいというのが普通ではないでしょうか。

それだけまともな思考を持つデリヘル嬢を口説くのは難しいのです、それでもなんとか彼女達と仲良くしたいと考えるならば、風俗嬢のバイトをしている女性の不安や気持ちをしっかりと理解しておく必要があると思います、むしろ『私の事を誰よりも理解してくれる人』という位置付けならば、年齢差や男性のみてくれなんて関係なく告白しても成功率が飛躍的にアップすると思います。

-目指せモテメン

Copyright© デリヘル嬢が惚れた男達の羨ましい生活とその実態 , 2018 AllRights Reserved.